「無塩バター」レシピを「有塩バター」で代用できる?

butter

たいていのお菓子レシピには「有塩バター」ではなく「無塩バター」を使用しています。
店頭で価格を見てみると分かりますが、バターは有塩よりも無塩の方が高いです。
また、お店によっては無塩バターを置いていない場合も。
ただでさえ値上がり・品薄などの理由でバターを買いにくくなっているので、できれば安く確実に手に入る有塩バターで済ませたいところです。

「無塩バター」と「有塩バター」の違い

いくつか違いがあります。

  1. 含まれる塩分量
  2. 価格(値段)
  3. 賞味期限
  4. 入手しやすさ

1. 含まれる塩分量

文字どおりの意味になりますが、「無塩バター」と「有塩バター」ですので、塩分の量が違ってきます。
ここで1つ注意しておきたいのが、「無塩バター」は、「塩分が全く含まれていないバターではない」ということ。
食塩を使用せずに製造してもバターの製造に使用する牛乳に塩分が含まれているため、塩分を全く含まないということがありません。

そのため「無塩バター」は「食塩不使用バター」と書かれて売られていることが一般的です。

レシピなどで「無塩バター」となっている場合は、「食塩不使用バター」を指しています。

2. 価格(値段)

店頭で見ていただければ明白だと思いますが、無塩バターの方が断然価格が高いです。
雪印メグミルクのホームページを見ても、希望小売価格の違いがわかります。

「雪印北海道バター 200g」希望小売価格 405円(税別)
「雪印北海道バター 食塩不使用 200g」希望小売価格 445円(税別)

スーパーで安売りされるのも有塩バターで、無塩バターは通常価格のまま……というのがよくあります。

3. 賞味期限

こちらも雪印メグミルクのホームページを見てみると分かりますが、無塩バターの方が期限が短いです。

「雪印北海道バター 200g」賞味期限 180日
「雪印北海道バター 食塩不使用 200g」賞味期限 150日

塩が含まれていないので食塩不使用のバターの方が傷みやすく、賞味期限が短いものと思われます。

4. 入手しやすさ

日本では、バターといえば「有塩バター」を指すことが多く、一般に流通しているバターも有塩バターが多いです。

無塩バターを使用するのはお菓子作りをする人ぐらいなもので、購入する人も自ずと少なくなってきます。

バターといえばすっかり「品薄」というイメージがついてしまいましたが、無塩バターは有塩バターよりもさらに入手しにくいイメージがあります。

購入する人が少ないため、小さなスーパーでは無塩バターを取り扱っていない店舗もあり、価格のことを合わせても有塩バターの方が購入しやすいです。

なぜ無塩バターがいいの? 食塩不使用バターを使う理由

一番の理由は、無塩と有塩では味が違ってきます

当たり前のことですが、有塩バターは塩分が含まれているので、出来上がりを比べると有塩の方がしょっぱい味になります。
「雪印北海道バター 200g」に含まれる食塩相当量は1.4gで、その分無塩バターよりも塩が多く含まれることになります。

もともと塩を入れるレシピなら塩をその分だけ減らせばいいですが(厳密には、単純に食塩相当量分の塩を減らしたら同じものが出来上がるというわけでもありませんが)、塩を入れないレシピなら、レシピ通りに作り上げることはできません。

バターをたくさん入れるレシピなら、それだけ味に違いが出てきます。

しかし、有塩バターを使用したお菓子の方が好みの人もいますので、一概にどうこう言えるものでもありません。

作るお菓子の種類にもよりますが、趣味で作る分にはあまり気にしなくてもいいと思います。

まとめ

バター以外にも、マーガリンで代用できるお菓子もあります。もちろん味や風味に大きく影響してきますが、ケーキ用マーガリンもありますので、いろいろ試してみるといいと思います。
私も、レシピによっていろいろと使い分けています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告