ケーキの号数(4号5号6号)は何センチ・何人分なのか

cake-size

ケーキ屋さんに売っているホールケーキは、型の大きさを『センチ(cm)』ではなく『号数』でサイズ表記されていることがありますよね。センチ(cm)で表記されているお店も増えましたが、号数のところもまだまだたくさんあります。

クリスマスや誕生日に買うケーキの直径が一体何センチで何人分なのか、正しく理解していますか?

なぜ『センチ(cm)』ではなく『号数』を使うのか

なんともわかりにくい号数表記。パッと見ただけだと何センチかも何人分なのかもよくわからずに、ショーケースの前で悩むことも。ショーケース越しだと大きさがよく分からないときもありますね。クリスマスケーキの予約をするのに、カタログの写真ならなおさらわかりづらいです。

なぜこんなわかりにくい単位を使っているのでしょうか?

それは昔の尺貫法が未だに残っているからでした。

ケーキの円形の大きさを表すのに5号、6号と使われていますが、これは昔の尺貫法からきています。1号は直径1寸(約3cm)を意味し、5号は直径5寸(約15cm)となっています。

日本洋菓子協会連合会

お客さんにわかりやすいように、センチ(cm)で表記するお店も増えましたが、号数を使っているお店は昔ながらの方法を使っているということです。

号数ごとの直径の大きさ

1号=直径1寸です。一寸は約3センチなので、あとは『号数×3cm』でセンチの大きさがわかります。

3号……直径9センチ
4号……直径12センチ
5号……直径15センチ
6号……直径18センチ
7号……直径21センチ
8号……直径24センチ

うっかり直径が何センチか忘れても、慌てず号数に3を掛けてください。

サイズごとの、人数の目安

サイズがわかっても、そのケーキが何人分の目安なのかも予測が難しいですね。
おおよその目安ですが、下記を参考にしてください。

3号……直径9センチ……1〜2人分
4号……直径12センチ……2〜4人分
5号……直径15センチ……4〜6人分
6号……直径18センチ……6〜8人分
7号……直径21センチ……8〜10人分
8号……直径24センチ……10〜12人分

デコレーションのクリームの量や、トッピングのフルーツの量など、号数が同じケーキでも、種類によってボリュームに差があります。たまにある2段になっているケーキは、それだけスポンジの量もクリームの量も多くなります。食べきれずに困ることにならないように、号数と一緒にケーキの見た目の確認も忘れずに。

まとめ

  • 号数が1増えるごとに3センチずつ直径が大きくなる
  • 号数が1増えるごとに人数が目安の人数が2人分ずつ増える(3号から)

お店で売っているものは、4〜6号のサイズが多いです。クリスマスケーキや誕生日のケーキを買う際にお役立てください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告