冷凍フルーツはデコレーションケーキのトッピングに使えるのか

誕生日やクリスマスなど、お祝い事のときに作りたいデコレーションケーキ。生クリームをたっぷり塗って、トッピングは綺麗な色のフルーツを使えば、見た目よし・味よしのケーキに!

ですが、生のフルーツの多くは一年中売られているわけではありません。旬の時期を逃してしまうと、途端に売り場から消えてしまう瑞々しい果物たち。果物の缶詰だと少し味気なく思えてしまいますよね。

そんなときに、売られている冷凍フルーツはケーキのトッピングに使えるのでしょうか?

売られている冷凍フルーツの種類

冷凍フルーツならば、時期を問わず一年中売られていますが、どんな種類のフルーツがあるのでしょうか?
インターネットで注文できそうなものを探してみました。

冷凍いちご

[冷凍フルーツ]熊本産さがほのか100%冷凍ストロベリー×約1kg[粒サイズ不選別]10個まで1配送でお届けクール便[冷凍]にてお届け【2~3営業日以内に出荷】ヨナナスメーカーやヨナナス アイスクリームなどにも最適♪

価格:1,480円
(2016/12/20 14:42時点)
感想(12件)

冷凍ブルーベリー

【送料無料】【28年産】国産!無農薬!岩手県遠野で育った冷凍ブルーベリー1kg(加工用)【送料込み】02P03Sep16※沖縄・離島は送料無料の適用外です

価格:2,376円
(2016/12/20 14:52時点)
感想(391件)

冷凍ラズベリー

【冷凍】《ロスアンデスフルーツ》冷凍ラズベリー【500g】

価格:1,356円
(2016/12/20 15:05時点)
感想(52件)

冷凍ブラックベリー

冷凍ブラックベリー1kg ブラックベリー 冷凍

価格:1,998円
(2016/12/20 15:06時点)
感想(5件)

冷凍ミックスベリー(ストロベリー・ブルーベリー・ラズベリー・ブラックベリーなどのベリー系がミックスされたもの)

アサイーと同梱にオススメ!ミックスベリー 500g【冷凍】アサイーの加糖、無糖の両方の相性が良いです!6480円以上で送料無料♪メーカー仕様変更、要説明文を参照!

価格:1,080円
(2016/12/20 15:09時点)
感想(226件)

冷凍マンゴー

[餃子の王国]【冷凍 マンゴー 1kg】面倒な皮むき不要!「生」のマンゴーをひと口サイズにカットしてそのまま急速冷凍しました冷凍 フルーツ

価格:1,296円
(2016/12/20 15:10時点)
感想(2426件)

冷凍ライチ

冷凍ライチ500g 上品なおいしさそのまま急速冷凍

価格:450円
(2016/12/20 15:12時点)
感想(37件)

冷凍トロピカルフルーツ(マンゴー・パパイヤ・パイナップルなどのトロピカルフルーツがミックスされたもの)

【送料無料】冷凍トロピカルフルーツミックス 5種類≪冷凍フルーツ≫たっぷり2.26kg入り・業務用サイズ★フルーツポンチやサングリアにも最適♪パパイヤ・パイナップル・もも・マンゴー・ぶどう【RCP】

価格:3,980円
(2016/12/20 15:15時点)
感想(53件)


これだけの種類がありました。(まだまだ探せばあると思いますが)
種類はこんな感じですが、それぞれカットの大きさが違ったりするので、買うときには使いたい大きさのものをどうぞ。丸ごと冷凍だったり、カットされていたりと色々です。

冷凍フルーツの解凍方法

冷凍フルーツの解凍方法ですが、基本的には売られていたときのパッケージに書かれているかと思いますので、そちらの方法をお試しください。

だいたいの冷凍フルーツは、次の方法で全解凍できます。

解凍時に出る水分を吸えるようにキッチンペーパーやタオルなどを敷いた上にフルーツをのせ、冷蔵庫で自然解凍します。

急いでいる場合は、冷蔵庫ではなく室内に放置して解凍しますが、上記と同じように水分を吸えるようにキッチンペーパーを敷いてから行ってください。

解凍後は冷蔵庫で保存し、早めに食べきってください。再冷凍はできません。

基本的に冷凍フルーツは、冷凍のままか半解凍ぐらいが一番おいしいです。スムージーにしたり、アイスに使ったり、トッピングの場合も半解凍でアイスの上に乗せたり、ヨーグルトをかけたり、などなど……。

ケーキのトッピングに冷凍フルーツは向いているのか

さて、ようやく本題です。はっきりと結論から書きます。

冷凍フルーツは、ケーキのトッピング向きではありません。

解凍方法やらを長々と書いておいてこの結論かと思われるかもしれませんが、理由を一つずつ書いていきます。

理由1つ目 解凍中に水分が出る
解凍方法でも書きましたが、冷凍したフルーツを解凍する際、フツールの種類や冷凍方法にもよりますが、結構な量の水分が出ます。

凍ったままケーキのトッピングに使ってしまうと、時間が経つにつれて水分が出てきてしまうので、生クリームが水っぽくなったり、フツールの色がクリームに溶け出します。せっかく綺麗にトッピングしても、悲しい見栄えになってしまいます。

つまり、冷凍フルーツは凍ったまま・半冷凍状態のままではトッピングに使えません。

理由2つ目 水分が出ることによってフルーツの見栄えが悪い
凍ったままではダメということは分かったとして、「じゃあ解凍してからトッピングに使うのは?」と思いますよね。

これはフツールの種類にもよると思いますが、解凍されたフルーツは水分がたくさん出るので、冷凍状態よりも形が崩れますし、大きさも小さくなります。

水分をよく拭き取っていても、やはり生の果物に比べると見栄えが悪いです。特にカットされたものは果肉が潰れてべちゃべちゃになりやすいです。ケーキのトッピングに使うには、やはりおすすめはできません。

理由3つ目 完全に解凍した後も水分が出る
しっかり解凍し、解凍後の見栄えも悪くない状態のフルーツだったとしましょう。理由の1つ目と2つ目はクリアしたことになります。

では3つ目の理由です。

しっかり解凍して、しっかり水分も拭き取ったとしても、やはり冷凍されていたフルーツは生のものに比べて水分が出やすいです。

つまり1つ目の理由同様、トッピングの生クリームがだれてしまう理由や、溶け出た水分に色が付いていて白い生クリームがフルーツの色になってしまう、という可能性があります。生クリームを使ったデコレーションケーキには、やはり不向きです。

どうしても冷凍フルーツをケーキのトッピングに使いたい場合

それでもどうしても冷凍フルーツを使いたい場合は、生クリームでのデコレーションを全て終えた後、食べる直前に半解凍状態のフルーツをのせてください。

半解凍状態なら果肉もあまり崩れておらず、水分もすぐには出ません。きれいなトッピングのまま食べられます。プレゼントや持ち寄りにはできませんが、家で作ってすぐに全て食べきってしまう場合ならなんとか使える方法です。

まとめ

  • 冷凍フルーツはデコレーションケーキのトッピングには使えません
  • どうしても使いたい場合は半解凍状態のものを使って、すぐに食べる
  • プレゼントや持ち寄りでは使わないでおく

生の果物がなくて困ったときは、冷凍フルーツよりも缶詰のフルーツがおすすめです。こちらも生クリームがゆるくなってしまわないよう、しっかりシロップを拭き取ってから使ってくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告