切り落とし肉・こま切れ肉の違いとは

安価で家計に優しい、切り落とし肉やこま切れ肉。

きれいに一枚ずつ並べてパックされている薄切り肉とは違って、切り落とし肉やこま切れ肉は、パックに乱雑に詰められて売られています。

料理によっては薄切り肉ではなく、切り落とし・こま切れでも十分ですので、上手に使いたいですね。

そもそも「切り落とし肉」「こま切れ肉」とは何か

スーパーには色々な種類の肉が売られています。

例えば、豚肉の薄切りでも、「豚ロース」「豚肩ロース」「豚もも」「豚バラ」などの種類があります。

これらは、お肉の部位ごと分けて売られています。

切り落とし肉・こま切れ肉は、部位ごとにパックされて売られているお肉(豚ももや豚バラなど)の、切れ端や半端な余り部分を集めたものです

サイズを揃えてりきれいに並べてパックしていないだけで、お肉自体は薄切り肉と変わりありません。

薄切り肉よりも安く買えるので、見た目にこだわらない・小さいサイズのお肉でも十分な場合は、こちらのお肉を使う方がお得です。

切り落とし=特定の部位だけ

切り端や半端な余り部分を集めて売られているものの中でも、切り落とし肉は、特定の部位だけを集めてパックされています

「豚もも切り落とし」「豚バラ切り落とし」などのように、部位が書かれて売られています。

部位ごとにまとめられているので、部位によって値段も違ってきます

また、切り落とし肉はサイズはバラバラですが、厚さは揃っています

使いたい部位を選べて厚さも均一なので、小さい切れ端のお肉でも十分な料理には、こちらがおすすめです。

こま切れ=色々な部位が混ざっている

特定の部位だけを集めた切り落としとは違い、こま切れ肉は、色々な部位が混ざって売られています

こま切れ肉は、色々な部位が混ざっていて、サイズも厚さもバラバラです

部位によって分けられていないので、牛・豚などの違い以外に値段の差はありません

炒め物にしてしまう時など、部位を気にしない時には安価なこま切れ肉がお得です。

共通のルールではない

部位ごとに分けられているのが切り落とし。

色々な部位がミックスされているのがこま切れ。

このように売られていることが多いのですが、これは全てのお店で共通しているルールではありません。

販売するときの明確な決まりでもないため、お店によっては、切れ端や半端な余りを全て「切り落とし肉」または「こま切れ肉」として売っている場合もあります。

お店によっては「切り落とし肉」と「こま切れ肉」の違いがない場合もあるので、こだわりがある場合は買う時に注意して確認しましょう。

切り落とし・こま切れの違い まとめ

  • 切れ端や半端な余りをまとめたのが、切り落とし肉・こま切れ肉
  • 「切り落とし肉」は特定の部位だけで、厚さが揃っている
  • 「こま切れ肉」は色々な部位が混ざっていて、厚さが揃っていない
  • 「切り落とし肉」は部位ごとに値段が違う
  • 全てのお店で共通している基準ではないので、違う場合もある