揚げ物油の適切な量はどのぐらい? 油のもったいないをなくす方法

fryoil

あまり少ない量の油だと上手に揚げることができませんし、かといって量を多くしても適温にするまでの時間が長くなったり、使う量が多くてもったいなく思えます。

いつも「なんとなくこれぐらいかな?」といい加減な量で揚げ物をしていましたが、正しい油の量を調べてみました。

日清オイリオがすべて教えてくれました

日清オイリオさん、いつもお世話になっています。

いつも私が使うのは「日清キャノーラ油」。

スーパーで安売りになったら買うようにしていて、もう何年もこれだけを使用しています。

いつもお世話になっている日清オイリオさんのページに、今回知りたい情報がすべて書かれていました。

揚げる油は、揚げ物用鍋の深さ3~3.5cmくらいが適量です。

底が平らな直径24cmの鍋の場合、約800mlです。

日清オイリオ’sキッチン

揚げ物用の鍋で、深さが3~3.5cmくらい。

きっちり計ったことはありませんが、私が揚げ物をするときも、だいたいこれぐらいの量を使用しているような気がします。

もちろん、揚げるものの大きさにもよります。

薄いものや平たいものを揚げるときは、お鍋に薄く油を入れればいいですが、厚みのあるものや大きなものを揚げるとなると、それなりの油を入れておかないと、鍋の底についてしまって焦げ付いてしまいます。

お鍋が黒いと油を入れてもどのくらいの量かよくわからなくなりますが、菜箸を鍋の底に当てて、どの位置まで油があるかを見れば、だいたい何cmかがわかりますね。

次回の揚げ物の時に正しい量かどうかを確認してみることにします。

揚げ物油が800mlも必要!?

先ほどの引用によると、底が平らな直径24cmの鍋の場合、約800mlの油が必要だとか……。

800mlとなると、いつも私が使用している「日清キャノーラ油」は1000g入りなので、8割も使うことになります!

ほぼ、なくなってしまいます! これはちょっともったいない!

(1000gのボトルが1000mlかどうかは今回は置いておきます)

一回揚げ物をするだけで、結構な量を使いますね……。

確かに揚げ物をするときには、ドボドボとボトルから油を出していましたが、その度にちょっと使いすぎかも?と思っていたものです。

もっと量を減らすことはできないのでしょうか?

少量の油で揚げ物をするための方法

とっても簡単な方法で、誰だって思いつく方法ですが……。

直径24cmで800ml必要ならば、直径の小さな揚げ物鍋で揚げればいいんです!

お鍋は油ハネを抑えるためにも深めのものを、できれば揚げ物用の鍋(天ぷら鍋)を使用するといいです。

少量しか揚げないならば、小さなお鍋で揚げれば、それだけ使用する油の量も少なくてすみます。さらばもったいない!

ただし、そうなると一度に揚げられる量が減ってしまうので、時間はかかってしまいます。

たくさん揚げるものがあると、最初に揚げたのが冷めてしまいますので、この方法は少量しか作らない時用ですね。

まとめ

揚げ物油の適切な量を知ることができました。

次回の揚げ物からは、正しい量で揚げ物をすることができます。

日清オイリオさんのホームページにも書かれていますが、IH専用鍋、電気フライヤーを使用する場合の油の量は、家電メーカーの取扱説明書をご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告