パスタ(スパゲッティ)をレンジで簡単に茹でる方法

パスタを茹でるには、大量のお湯を沸かさなければいけません。一人前100gだと、およそ1~2リットル程度のたっぷりのお湯が必要になります。沸かすのにも時間がかかり、経済的でもありません。コンロを1つ塞いでしまいますし、長い時間、火のそば(コンロ)から離れるのも危険だったり、大きな鍋を洗わなくてはいけなかったりと、色々と面倒なことも多いのがパスタの難点。

今回は、もっと楽にパスタを食べることができるように、レンジで茹でる方法を紹介します。

レンジで茹でるには専用の容器が必要?

レンジでパスタを茹でる専用の容器は色々売られていますよね。100円ショップでも売られているので、手軽に購入できます。専用の容器だと、1人分のパスタを計る穴があったり、湯切りがしやすかったりと、専用なだけあって便利です。
アマゾンや楽天でも専用のパスタを茹でる容器が売られています。

こんなのです。


エビス プライムパックスタッフ 絶品レンジでパスタ PPS-6220


パスタゆで容器PS-G62

他にも色々なものが売っています。値段も様々です。

amazonで探す

楽天市場で探す

ですが、パスタは専用の容器がなくても茹でることができます。便利さでは差がついてしまいますが、新たな調理器具を買うほどでもないときには、自宅にすでにあるものですませてしまいましょう。

レンジで茹でるのに必要なもの

レンジでパスタを茹でるのに必要なものは、以下の4点です。

  • 容器
  • オリーブオイル
  • (ざる)

容器は、専用のものがあればそれを。ない場合には、電子レンジに対応している耐熱容器を使用します。容器のサイズはパスタの大きさにあったもので、スパゲッティなら細長のものが適していますが、ない場合にはスパゲッティを半分に折るなどして対応します。水を入れるので、そこそこ深めの容器の方がいいです。耐熱のボウルや、電子レンジ対応のプラスチック容器などでも。

例えばこんな感じのものです。

専用でない容器の場合は、湯切りにざるが必要になります。

レンジで茹でるのに最適な量

あまり多くを一度に茹でると、茹でムラができてしまったり、麺同士がくっついてしまうので、少量の方が失敗しません。レンジで茹でる場合のパスタ量は、1~2人前(100〜200g程度)にしましょう。

茹でるパスタの量を決めて計ったら、容器に入れます。

茹でるのに必要な水の量は?

専用容器の場合、必要な水の量が定められているので、それに従いましょう。

専用でない容器の場合、500cc程度を入れましょう。

水の量が少ないと、パスタ同士がくっついてしまったり、うまく茹でることができなくなってしまいます。500cc入れてもパスタがひたひたにならないぐらい水が少ないときは、ひたひたになるまで水の量を増やしてください。

塩とオリーブオイルがおいしさの決め手!

パスタをおいしくするのに大事なのが、塩とオリーブオイルです。これがあるかないかで、味や食感変わってきます。面倒でもこの一手間を!

塩はパスタ100g(1人前)に対して、小さじ1/2〜1

オリーブオイルは100g(1人前)に対して、小さじ1〜2

好みに合わせて調整しましょう。
水を入れた後に、塩とオリーブオイルも入れます。オリーブオイルは、茹でて水切りした後でもかまいません。お好きなタイミングで。

茹で時間は

まず、パスタのパッケージに書かれている茹で時間を確認してください。レンジで茹でる場合は、その時間にプラス数分です。以下を目安にしてください。専用容器の場合は、説明書通りにしてみましょう。

600wの場合

パッケージの茹で時間+3〜4分

500wの場合

パッケージの茹で時間+4〜5分

専用容器でない場合、フタはせずに加熱します!

容器やパスタの量、レンジの種類によっても加熱時間は変わってきます。加熱時間後にまだ固いようだったら、もう少し加熱します。

専用容器なら湯切りがらくちん

専用でない容器の場合は、ざるで湯切りしましょう。専用容器なら、そのまま湯切りができるようになっていたり、そもそも捨てる湯が出ないタイプもあります。茹でるときにオリーブオイルを加えていない場合は、湯切りした後にオリーブオイルをからめましょう。

これでパスタが茹であがりました!

失敗・おいしくないときの対処法やコツ

もし茹でた麺が、ネチャネチャ・べちゃべちゃ・モチャモチャになって失敗してしまった場合の対処法をいくつか紹介します。

水の量を増やす

茹でるときの水の量が少ない場合、上手に麺を茹でることができません。少し水の量を増やしてみましょう。

途中で一度取り出して、かき混ぜる

茹でている途中に麺同士がくっついてしまわないよう、一度レンジを止めて麺をかき混ぜてみましょう。

水ではなくお湯を入れて茹でる

冷たい水を入れて茹でるのではなく、最初から沸騰したお湯を入れて茹でた方が上手にできることも。容器にパスタと塩を入れた後、沸騰したお湯を入れます。加熱時間はパスタのパッケージに書かれた時間通りにします。

まとめ

  • 茹でるパスタは1〜2人分
  • 塩小さじ1/2〜1
  • オリーブオイル小さじ1〜2
  • 600wは+3〜4分
  • 500wは+4〜5分
  • フタをしないで加熱する

一度で成功しないかもしれませんが、何度がやっているうちにだんだんとおいしくできるようになってくると思います。ちょうど良い時間や方法が分かればとっても便利なので、ぜひ試してみてください。