『輸入レモン』は農薬がいっぱい!? 農薬や防カビ剤を落とす洗い方

lemon

レモンのはちみつ漬け、レモンタルト、ジャムにしたりケーキに入れたり、などなど……。レモンを使う機会はたびたびありますが、レモンの果汁だけではなく、皮まで丸ごと使うレシピも多々あります。しかし、レモンにはたくさんの農薬や防カビ剤が使われていることをご存知ですか?

農薬・防カビ剤……。レモンには危険なものがたくさん使用されている

店頭で輸入フルーツに「OPP・TBZ・イマザリル使用」などの注意書きがされているのを見かけたことがありますか? これらはすべて日本では使用を禁止されている農薬ですが、輸入される柑橘系のフルーツには使用されている毒薬です。

日本までの輸送期間や保存している時にカビてしまわないよう、レモンを始めオレンジやグレープフルーツなどにはポストハーベスト農薬と呼ばれる収穫後用の農薬が使われています。これらは強い毒性があり、インターネットで少し調べただけでも、見ているだけで怖くなるような情報が次々と出てきますね。日本では禁止されている農薬・防カビ剤なのに、それを使用した食品が輸入されているのですから、安全でないと言っているようなものです。

輸入レモンは安全性が保証されていません。使用している農薬は皮についているのだから果肉は平気だと思うかもしれませんが、果肉にも農薬が残っているとの報告もあるので安心はできません。

国産レモンも農薬を使用している

外国産のレモンが危険だというのは多くの人がご存知かもしれませんが、実は国産レモンにも農薬が使用されています。無農薬と表示のあるもの以外は農薬を使用していると思って間違いないです。

しかし日本の場合は厳しい検査がありますので、農薬を使用していても輸入レモンのような心配はありません。安全なので、皮を使用するレシピなどには注意書きとして「国産レモンを使用」と書かれている場合さえあります。やはり輸入レモンよりも国産レモンが安心ですね。

それでも心配な場合は、よく洗って使用するか、国産レモンの中でも無農薬のレモンを買うようにしましょう。

レモンについている農薬・防カビ剤の落とし方

輸入レモン・国産レモン、どちらも食べたり料理に使用する前に、安全のためにもしっかり洗いましょう。農薬や防カビ剤は水で洗うだけでは落ちません。いくつかの洗い方をご紹介します。

塩をつけて洗う

粗塩を使って洗う方法。
手に塩をとって、レモンを揉むようにしながら表面のワックスを落とします。またはブラシやたわしなどを使ってこすります。その後はさっと熱湯で茹で、冷水でよく洗い流します。塩で皮を傷つけないように注意が必要です。

洗剤を使って洗う

食器用洗剤を使って洗う方法。
食器用洗剤は食品を洗うのにも使用できます(用途に野菜・果物が含まれている洗剤。香りのないものの方がいいです)。スポンジなどでレモンを洗い、水でよく洗い流します。

重曹を使って洗う

食用の重曹を使って洗う方法。
ボウルなどにレモンを入れ、たっぷりの水を入れます。そこに食用重曹を大さじ1程度を入れて1分ほどつけておく。そのままスポンジなどで皮を洗い、よく水で洗い流します。

まとめ

レモンを毎日大量に食べる人はいないと思いますが、塵も積もれば山となります。少しだからと軽視しないで、危険なものはできるだけ避けましょう。洗うのは手間がかかって面倒ですが、心配しながら食べるよりは、手間をかけてでも安心した方が心の健康にも良さそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告