フライパン・鍋のサイズはどこを測る?直径〇〇cmの大きさとは

調理器具

フライパンのサイズは、一般的に「cm」で表します。

しかしこのcmは、どこを測ったサイズなのでしょうか?

フライパン・鍋のサイズ(寸法)の正しい測り方

調理器具メーカー「ティファール」の説明を確認してみましょう。

フライパン・鍋のサイズの測り方
縁(フチ)の内側の直径を測ってください

グループセブ ジャパン(T-fal / WMF / Lagostina)公式オンラインショップ

フライパン・鍋のサイズは、縁(フチ)の内側の直径を測ります。

縁(フチ)、つまり上部(表面)の内側の大きさを測るのが正しいです。

フライパン・鍋の底面のサイズ

フライパンや鍋は、縁(フチ)よりも底面が小さいです。

フライパン・鍋のサイズは縁を測ったサイズのため、底面は表記サイズよりも小さくなります

手持ちの24cmフライパンを確認したところ、縁は正しく24cmでしたが、底面(平らなところ)は外寸で18.5cmでした。

手持ちの物と同じサイズが欲しいなら

すでに持っているフライパンや鍋と同じサイズのものが欲しいなら、縁の内側の直径を測ってみましょう。

売られている商品は1cm単位でサイズ分けされているため、手持ちの物もおおよそそのサイズになるはずです。

ただし、縁の内径サイズが同じでも、深さ底面の大きさが違うことがあります

全く同じサイズのものが欲しい場合は、細かいサイズの確認も一緒に行いましょう。

フライパン・鍋に合わせたフタのサイズは

フライパンや鍋のフタも、サイズに合わせたものを選ぶ必要があります。

フタがセットになっているならばそれで大丈夫です。

別売のフタを選ぶ際は、フライパン・鍋の縁の内側の直径に合わせたフタを選びましょう

フタにも種類があり、ぴったりサイズにしか対応していないものもあれば、幅広いサイズに対応している商品もあります。

例えば以下の商品は、24cm用のフタなのでそれ以外のサイズでは使用できません。

以下の商品は24〜30cmのフライパンや鍋に対応しています。

フライパンや鍋と同じメーカーのフタならば、対応製品が掲載されていることがあるため、確認してから購入すると安心です。

鍋・フライパン用ふた」を探す

タイトルとURLをコピーしました