【時短】飴色玉ねぎを冷凍&レンジで簡単に作る方法やコツ

前回同様、今回も飴色玉ねぎについてですが、今回は実際に玉ねぎを飴色にするために使える便利な方法をご紹介します。

なぜ飴色になるまで炒める必要があるのか、飴色とはどんな色か、いくら炒めても飴色にならないなどの疑問は、こちらのページをご覧ください。

なぜカレーには飴色玉ねぎ? 飴色がいい理由などなど
カレーやオニオンスープ、ハンバーグなど、玉ねぎをじっくり炒めて飴色にしてから使用するレシピはいくつもあります。 しかし実際にやってみると分かりますが、これがなかなか大...

やり方1 レンジで簡単 短時間で飴色玉ねぎ

玉ねぎを飴色にするのに、フライパンや鍋で炒めると長い時間がかかってしまいます。かき混ぜ続けるのも手が疲れるので、できれば楽したいところ。

そんなときには、レンジを使って時間省略する方法があります。玉ねぎに火が通るまで炒める過程を、レンジを使って行います。火を通すのと同時に水分も抜けるので、その後の作業時間が短縮できます。

やり方はとっても簡単。
炒める前に玉ねぎを切った後、耐熱容器に玉ねぎを乗せ、ラップをしてからレンジで加熱します。数分ごと様子を見つつ加熱してください。玉ねぎの量や種類、レンジの機種によっても時間が変わってくるので一概に何分とは言えません。

レンジで加熱して水分が出たあとは、フライパンや鍋で炒めます。時間短縮になりますし、レンジ使用時は他の作業も出来るので、忙しいときにはこのやり方が重宝しますよ。

やり方2 冷凍玉ねぎを使用して手早く飴色に!

あらかじめ準備が必要ですが、レンジで加熱するよりもさらに時間短縮になるのが冷凍庫を使用する方法。

あらかじめ必要なだけの玉ねぎを切り、冷凍庫に入れて凍らせておきます。しっかり凍っている必要があるので、少なくとも半日以上は入れておいてください。

あとは使うときに冷凍庫から出し、凍ったまま炒めればOK。生のまま炒めるよりもずっと短時間で飴色玉ねぎになります。

なぜ短時間で飴色になるかというと、冷凍することにより玉ねぎの細胞が壊れ、解凍した際に水分がたくさん出ます。野菜やフルーツを冷凍すると、解凍した時に水っぽくなったりしますよね? あれと同じ原理です。

水がたくさん出るので炒めながら水分を出す時間が必要なくなり、結果的に飴色になるまで炒める時間が少なくなります。

やり方3 塩を使って手早く水抜き

もうお分かりかと思いますが、飴色の玉ねぎにするには炒めながら玉ねぎの水分を飛ばす必要があります。水分を抜くために、塩を使うと手早く行うことができます。

レンジで加熱する際に耐熱容器に玉ねぎを乗せた後、少しだけ塩を振ってからレンジで加熱すると、レンジの加熱時間を短くすることができます。そうすればさらに飴色玉ねぎを作る時間短縮になります。

レンジで加熱せずに生の玉ねぎをそのまま炒め始める際にも、少量の塩を振って炒めれば水分が抜けやすくなり時間短縮になります。

こちらはあらかじめ冷凍したりする準備が必要ではないので、急に飴色玉ねぎが必要になったときに使える便利な方法です。

ただし、塩を入れるので、入れれば入れるだけ玉ねぎが塩辛くなります。レンジの加熱に塩を振ったときには洗ってから炒めたり、その後のレシピの味を調整する必要があります。

飴色にするために 玉ねぎを上手に炒めるコツ

時間を短縮する方法をいくつかご紹介しましたが、結局のところ、やはり最後はフライパンや鍋で炒めなければなりません。そのときのコツをいくつかご紹介します。

時間短縮したければ、できるだけ小さく・薄く切る

スライスならできるだけ薄く、可能ならばスライスではなくみじん切りに。そうすれば水分が抜けやすくなり飴色になるまで炒める時間が短くなります。

底面積の広いフライパンを使用する

できるだけ大きいフライパンを使用すれば、それだけ火にあたる玉ねぎの面積も多くなります。時間を短縮することができます。

油はしっかりひく

玉ねぎを炒めるときに、フライパンや鍋にしっかり油をひきましょう。熱も通りやすくなりますし、底にこびりつくのを防ぎます。使用する油は、オリーブ油、サラダ油、バターなど、料理に合わせて変更してください。

水分が抜けてきたら水を少量ずつ加える

玉ねぎに火が通り、透き通ってきて玉ねぎ自体の水分が抜けてきたら、少量の水を加えながら炒めます。一度に加えるのは大さじ1〜2程度。水を入れた後は、素早くかき混ぜながら炒めます。加えた水がなくなったら、再び少量の水を加えて炒めます。これを何度か行うことによって、玉ねぎに均等に火が通りやすくなり、短時間で飴色にすることができます。また、底にこびりついた玉ねぎも水によって剥がれやすくなりますので、焦げて失敗する可能性が低くなります。

まとめ

いろいろなやり方をご紹介しました。使用する料理や、時間の都合などによって使い分けてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告