グラシンケース・グラシンカップのサイズの測り方、サイズ表示の見方

調理器具

グラシンケース・グラシンカップとは

グラシンケース・グラシンカップとは、マフィンなどを焼くときに使う敷き紙のことです。

薄い紙でできているので生地を入れると広がってしまうため、これだけではマフィンを焼くことはできません。

マフィン型と合わせて使用します。

より詳しい説明は、こちらの記事をご覧ください。

グラシンケースのサイズの測り方

主に測るのは「底径」と「高さ(H)」です。

「底径」は、グラシンケースの底の部分の直径です。

「φ」で表記されていることもあります。

ただしこちらの「φ」は、「底径」に使われている場合と「展開径」に使われている場合の2パターンがあります。

底径と展開径は全く違うものなので、気をつけてください。

展開径とは、グラシンケースを広げて平らにした状態の直径です。

「底径+(高さ×2)=展開径」で計算できます。

手元にあるグラシンケースのサイズを知りたい場合も、定規で測ればサイズが分かります。

多くの商品は、長さの単位がミリメートル(mm)ですので注意してください。

グラシンケースのサイズ表示の読み方

グラシンケースは、商品ごとにサイズの表記方法が異なっている場合があります。

いくつかの商品を例にグラシンケースのサイズ表記を見てみましょう。

底径〇〇×H〇〇mm


グラシンケース白 9F (200枚入)(cotta*コッタ)

こちらの商品は「底径55×H31mm」です。

グラシンケースの底の部分の直径が55mm、高さが31mmになります。

φ〇〇 底〇〇×H〇〇mm 


グラシン 8F / 100枚(TOMIZ 富澤商店)

こちらの商品は「φ(展開径)115(底)45×H35mm 」です。

グラシンケースの底の部分の直径が45mm、高さが35mmになります。

展開径は「底径+(高さ×2)」で計算できます。

この商品の場合は「展開径115mm=45mm+(H35mm×2)」です。

φ〇〇×H〇〇mm


グラシンケース(1000枚入)深型 白 5号

こちらの商品は「φ33×H21mm」です。

「φ」は底径を意味します。

グラシンケースの底の部分の直径が33mm、高さが21mmになります。

φ〇〇×〇〇,φ〇〇


天満紙器 グラシンケース 6号浅 グラシン紙 日本 (1000枚入) WKCC8

こちらの商品は「φ54×20,φ40」です。

商品説明に「上径×高さ(㎜),底径(㎜)」と記載されているため、最初の「φ」は上径です。

グラシンケースの底の部分の直径が40mm、高さが20mm、グラシンケース上部の直径が54mmになります。

グラシンケースは、使用するマフィン型に合ったサイズ(号数)のものを

グラシンケースはマフィン型に敷いて使用するので、マフィン型に合ったサイズのものでないと敷けません。

グラシンケースは、5号や6号などの「号数」で売られていることが多いです。

基本的にはグラシンケースとマフィン型の号数が一致していれば大丈夫です。

ただ、グラシンケースは同じ号数でも商品ごとにサイズが微妙に異なります

ぴったりのサイズで作りたい場合は、マフィン型とグラシンケースのサイズ確認をしっかり行ってください。

タイトルとURLをコピーしました