揚げ物油の適切な量はどのぐらい? 少量で揚げるには

基本

あまり少ない量の油だと上手に揚げることができませんし、かといって量を多くしても適温にするまでの時間が長くなったり、使う量が多くてもったいなく思えます。

適切な揚げ物油の量を知って、おいしい揚げ物を作れるようになりましょう。

24cmの鍋なら約800mlが適量

「日清キャノーラ油」の日清オイリオのホームページを見てみましょう。

揚げる油は、揚げ物用鍋の深さ3~3.5cmくらいが適量です。

底が平らな直径24cmの鍋の場合、約800mlです。

日清オイリオ’sキッチン

こちらは揚げ物鍋での適量ですので、IH専用鍋や電気フライヤーの場合は、それぞれの取扱説明書の通りに行ってください。

適切な量で揚げ物を行うのが、一番おいしくできあがると思います。

適量の深さ3〜3.5cmはどれくらい?

24cmの鍋ならば約800ml必要です。

それ以外の鍋の場合、油を入れて深さが3〜3.5cmくらいが適量となります。

この約3cmを測るには、菜箸を使うのが分かりやすいのでオススメです!

鍋に油を入れたあと、菜箸を一本垂直に、先が鍋の底に付くまで入れます。

菜箸を取り出したとき、菜箸に付いた油の跡が菜箸の先から3cmあれば適量となります。

鍋に油を入れる前に、菜箸の3cmのところに印をつけておいたり、模様や形で3cmがどこになるのかを測っておいて、それに合わせて油を入れてもいいですね。

もったいないをなくすために、少量の油で揚げるには

正しい量の油で揚げ物をするには、思った以上に大量の油が必要です。

定番商品の油は1000mgで売られているものが多く、そうなると24cmの揚げ物鍋で揚げ物をすれば、1度で8割近い量を使用することとなってしまいます。

どうしても、もったいないと思ってしまいますよね。

揚げ物油を少なくする方法をいくつかご紹介します。

作る揚げ物の全体量を減らす

当たり前の話ではありますが、油の量を少なくしたい場合には、作る揚げ物の量を減らすのが一番です。

小さい鍋で揚げられる量にまで、作る量を減らしましょう。

小さい鍋を使用して、一度に揚げる量を減らす

大きな鍋を使うと一度に揚げられる量は多くなりますが、それだけ使用する油の量も増えます。

深さがある小さな鍋を使い、一度に揚げる揚げ物の量を減らして、ちまちまと何度も揚げましょう。

鍋の大きさが半分になれば、使用する油の量も半分にできます。

ただし、全部揚げ終わる頃には最初に揚げたものが冷めてしまうかも……。

揚げるものを薄くする

正しく上手に揚げ物をするのに深さ3cmの油が必要なのは確かですが、揚げるものを薄くすれば、3mcの深さがなくても上手に揚げることができます。

揚げるものを薄くしたり小さくすれば、案外3cmなくても上手に揚げることができます。

ただし、油の量が少ないということは、それだけ油の温度の変化も急激になるということ。

揚げる食材が冷たいもの(冷凍商品など)の場合は、一度に油に入れる量を少なくして調整しましょう。

一度に鍋に入れていい量は、表面の1/2〜1/3程度

適切な温度で揚げるのが、揚げ物を上手にする大事なポイントです。

どんな食材であろうと、油の温度よりは低いわけですから、鍋に入れれば油の温度は下がります。

急激に温度が下がってしまうのを防ぐため、また食材同士がくっついてしまうのを防ぐためにも、一度に鍋に入れていいのは、鍋の表面の1/2〜1/3程度の量の食材です。

食材が油でのびのび泳げる程度の量にして、それ以上の量は次に回しましょう。

タイトルとURLをコピーしました